スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれんちライフ50


大ちゃんは、パソコンの修理で力尽きました。

またまた、パソコンさわりたくない病になってしまったようです。

更新にはしばらくかかりそうです。

本人は「自粛だ」と言っております。

まー、そのうち復活することでしょう。みなさま、お付き合いお願いいたします。
スポンサーサイト

lovemomusのネガティブ日記


PICT0064-1.jpg


ここにいるしあわせ。  ここにあるしあわせ。

しあわせをはこんできてくれる たいせつなひとたち。

ほんとうにたいせつなこと しっかりかんじて いきてゆこうとおもう。

大切な舞台


個人的な事情でバタバタとしていて、時間が経ってしまいました。

ですが、私たち鼓太郎にとってとても大切な舞台があったこと、ここに書き止めておきたいと思います。


3月26日、湯浅町で「和太鼓集団初音の初コンサート」がありました。
私たちはそのゲスト(なんと恐れ多い・・・)として出演させて頂いたのです。

初音の皆さんとの出会いは、去年の4月。 嶋本龍先生の合宿でした。龍先生がつないでくれたご縁でした。
初音のメンバーでもありお世話役でもあるKくんが、ウチの子どもたちにとても気さくに話しかけてくれたことが印象的でした。
2日間の合宿の間、初音のみんなを見ていて、そのメンバー同士の兄弟姉妹のような仲、太鼓に向けるひたむきな眼差し、
龍先生との絆の深さ、・・・・いろんなことが伝わってきてとても羨ましく思ったものです。
そして、その時に龍先生が「鼓太郎は絶対に初音の舞台を見るべきだ!」と言ってらっしゃったのです。

約1年の月日が流れ、Kくんからの連絡があった時の気持ちはなんとも言えないものでした。
もちろん嬉しさは一番。
ですが、それが「卒団コンサート」でもあるとのことなので、私たちなんかでいいの?果たしてそんな大役務まるの?同じ舞台に立てるなんて・・・・、しかも龍先生も・・・・。
もう腹をくくりましたよ。 声をかけて下さった皆さんの心意気に感謝して精一杯を尽くしましょうと。

でも・・、当日のリハはガチガチでなかなか気持ちが入っていかなくて、はっきりいって落ち込みました。
見ていた龍先生も腹立たしかったことでしょう。 
そんな私たちを救い上げてくれたのは、この舞台を最後に卒団してゆく初音メンバーのリハ演奏でした。
「なんて熱いんだろう」 「どうしてこんなに伝わってくるんだろう」 「それに比べて私たちって・・」
自然と太鼓に向かう熱い心が湧き上がってくるのを感じていました。
「初音の舞台を見るべき」と言った龍先生の言葉が迫ってくるようでした。

本番。 どうだったのでしょう。 自分たちには分かりません。 もう無我夢中だったので。
見に来てくださった方たちに少しでも「想い」は伝わったのでしょうか。

アンコールの舞台。ただただ感謝と幸せでいっぱいでした。
太鼓って不思議です。 楽しいことばかりではないし、しんどい時もある。でもいつも幸せを運んで来てくれます。
初音のみなさんと、龍先生と、私たちが同じ舞台の上で笑っている。
「ありがとう」 そんな言葉を繰り返しながら太鼓を打っている自分がいました。

本当にたくさんのものを頂いた1日でした。
初音の皆さん、龍先生、見に来てくださった方々。 あらためて心よりの感謝を。 「ありがとうございました」


追伸。
初音のみなさん、心音のみなさん、これからもよろしくお願いいたしますね。

当日は私たちに余裕がなく、写真を撮ることが出来ませんでした。すみません。



プロフィール

samoto

Author:samoto
和歌山県すさみ町佐本からの
田舎暮らし通信です。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

和歌山県すさみ町佐本
大きな地図はカテゴリーの地図にあります
すさみ町佐本%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.590206,135.650124+(%E3%81%99%E3%81%95%E3%81%BF%E7%94%BA%E4%BD%90%E6%9C%AC)&hl=ja&ie=UTF8&z=6%%33.590206%%135.650124%%6
拡大縮小は+-、 移動は→↑↓←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。