スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回和太鼓合同演奏会 in 海南

9月14日、とうとう演奏会の日がやって来た。
鼓太郎にとって、特別な、そして大切な1日。
朝、5時半に佐本を出発。
8時半に到着してすぐに太鼓を搬入。


DSC_1313_sss_20140915212526a18.jpg

そして9時からは全体のリハーサル。
いつものことだけど、リハーサルはめっちゃ緊張する。
案の定、いい出来とは言えなかった。

DSC_1315_sss.jpg


リハが終わって、昼食、そして衣装に着替えて受付へ。
ぞくぞくとお客様がやって来る。
開場の1時には、かなりの列ができていた。
+
その列の中には、鼓太郎男子が通っていた小中学校(すでに閉校になってしまったが)の校長先生だった方、
2年前のイベントでお世話になって以来、交流が続いている方、
太鼓を通して知り合った方々、すさみからわざわざ来てくださった方、学校の同級生、
遠くから駆けつけてくれた祖父母、家族・・・・・など、いつも鼓太郎を応援してくださっている方々がいた。

そして開演。
出番が近づいてきた。
「とにかく思いっきり叩こう!」
みんな緊張してたけど、それよりも悔いのない演奏をしたいという思いでいっぱいだった。

そしていよいよ出番。
思いっきり叩いた。思いっきり声を出した。
自分の思いをすべて出し切った。
悔いのない演奏だった。
言葉にはできないたくさんの思いがこみ上げた。
でも、晴れ晴れとした気持ちだった。
ああ、やり切ったのだ。


IMG_0084_sss.jpg


あとは、フィナーレの「響き」が残っている。
一緒に演奏する仲間たちも自分たちのチームの演奏が終わってほっとした表情だ。
「フィナーレはみんなで楽しもうね!」とみんな笑顔。

一緒に練習をしたり、舞台に立ったりしているうちにすっかり仲良くなった太鼓仲間たち。
いつも、鼓太郎のことも応援してくれている、そして見守ってくれている大切な仲間たち。
そんなみんなと同じ舞台に立って演奏するのは、本当に楽しかった。
みんなもずっと笑顔で楽しそうだった。


IMG_0108_sss.jpg


そんな演奏会も終わってしまったけど、かけがいのないすてきな思い出をたくさんもらったな。


IMG_0114_sss.jpg


こんなすてきな舞台に出る機会を作ってくださった龍先生とたかみさん、
一緒に頑張った太鼓仲間たち、演奏会を見に来てくださったみなさん、本当にありがとうございました!




スポンサーサイト

和太鼓演奏会に出演します!

和太鼓演奏会 フライヤー


和太鼓演奏会 フライヤー2


9月14日、海南市民交流センターで行われる嶋本龍事務局主催の和太鼓演奏会に出演します。

昨年行われたこの演奏会に、鼓太郎は出演することができませんでした。
メンバーが進学で佐本を離れてしまい、練習が出来ないどころかチームの存続も危ぶまれるような状況だったからです。
どんどん成長していく子どもたちがふるさとを離れて行くのは仕方のないことです。
でも、「もう一度舞台に立ちたい。みんなで演奏したい。」
そんな想いでみんながなんとか練習時間を作り、この日に向けて頑張ってきました。
7年間「鼓太郎」というチームで頑張ってきた締めくくりの舞台。
この演奏会は私たち鼓太郎にとってとても特別な舞台になります。

鼓太郎は8番目に「刃」を演奏します。最後の合同演奏「響き」にも全員出演します。
「響き」では、鼓太郎男子Yくんは、龍先生から大学の合格祝い(?)に大太鼓パートを任せられました。
GくんとSくんも宮太鼓のソロを打ちます。
みなさん、ぜひぜひ見に来てくださいね。

9月14日(日)午後1時会場、1時半開演です。
鼓太郎一同、当日は受付でお待ちしております!


イブ王国建国祭での演奏

20140503_135520_1.jpg


20140503_140320_1.jpg


1年2ヶ月ぶりに地元のイベントで舞台演奏をしました。

この舞台は海のそばの砂浜ということもあり、音が響かず風が強いと砂が吹き飛ぶという恐ろしく条件の悪いところ。
でも毎年とてもたくさんの観光客で賑わうこの町で最大のイベントです。
めっきり演奏する機会も減ってしまったここ数年。
今回は、地元の人たちに少しずつでも成長し続けている鼓太郎の姿を見てもらいたいという思いもありました。

嶋本龍先生の「刃 第一楽章」を演奏させていただきました。
自分たちで作ったソロパートを加えた鼓太郎バージョンです。
みんな揃っての練習時間がなかなかとれない中、各自で練習して仕上げにみんなで合わせてチェックするといった感じでした。
いつもは舞台では2曲~3曲演奏するのですが、今回は1曲にしぼりました。
もっと直したいところや表現を練習したいところはあったけど、今のわたしたちにできる最大限のことはやったと思います。

もっとたくさんメンバーがいたら迫力があるのにとか、大太鼓とかいっぱい太鼓があったら見栄えするのにとか、以前よく思いました。
ほかのチームを羨ましく思ったこともあります。
でも、今はそんなこと思いません。
たった5人で使い古された宮太鼓しかなくても、このチームでやってきてよかったと心から思うのです。
そして、自分たちのチームに自信と誇りを持てるようになりました。

チームの存続が危うくなったからこそ、気づいたことがいっぱいあったし、太鼓に対する思いや取り組み方も変わってきました。

2007年11月に初舞台を踏んでから6年半、たくさんの舞台に立ち、コンテストにも出場したり、貴重な体験をたくさんさせていただきました。
いつも見守ってくださるみなさん、応援してくださるみなさん本当にありがとうございます。
みなさんの「鼓太郎の演奏が聴きたい」「感動した!」という言葉が本当に嬉しく、励みになっています。
太鼓を始めた当初は自信もなく、そんなことを言ってもらえるようになるなんて想像もできませんでした。


少年たちは、これから大学受験を控えており、県外へ行くことになるでしょう。
これからどこまで、鼓太郎の演奏をみなさんに見てもらえるかわかりませんが、できるところまで頑張ります。
どうか、これからもよろしくお願いいたします。




「イブ王国建国」で演奏します!

鼓太郎、1年2ヶ月ぶりの舞台演奏です。
毎年ゴールデンウイークに行われているすさみ町のイベント、「イブ王国建国祭」
に出演します。
5月3日、午後2時からです。(雨天の場合は4日)

このイベントには、2008年から毎年出演させていただいています。
しかし、昨年はメンバーが揃わず、出演できませんでした。
今年でたぶん6回目です。
来年はメンバーのふたりが進学で県外へ行く予定なので、もしかしたら
このイベントの出演は今年で最後になるかもしれません。

最初に鼓太郎を指導してくださっていたジオングが、もともとこのイベントで演奏をしていました。
それを鼓太郎に譲ってくださった感じで、この舞台に出演するようになったのです。

6年前には、まだ小学生と中学生だった中心メンバー。
6年分の思いを込めて一生懸命、演奏させていただきます。

過去の演奏もアップしました。
www.youtube.com/watch?v=GbunN8RT_fU






第2回和太鼓合同演奏会

PICT0014-1.jpg


■2013年6月23日(日)13時30分開演 (13時開場)
【上演予定105分、途中休憩なし】

■会場 海南市下津町下津500-1
海南市民交流センターふれあいホール(無料駐車場あり)

■出演予定団体
たつみ太鼓、たつみ桜太鼓、
ななさと太鼓 夢、ななさと太鼓 我知、ななさとこども太鼓、
和太鼓教室RYO和歌山・海南、和太鼓の会ヒビキ

■総合指揮 嶋本 龍

■入場無料

【当日ご来場の皆さまへ】
写真撮影の際、フラッシュ使用はお控えください。
ビデオ撮影は2階席でお願いします。
花束やプレゼントは、受付係に預けて頂くか終演後にお渡しください。

■主催・問合せ
嶋本 龍 事務局  0737-62-3626
imakat@iris.eonet.ne.jp

追伸・・・・鼓太郎は諸事情により、今回の演奏会には出演することが出来ません。
      約1名、合同演奏(2曲)のみ出演させて頂きます。

鼓太郎よりお知らせです!!

直前になってしまい、申し訳ありません!

毎年出演させて頂いているイノブータン王国建国祭が、この5月3日(金)に開催されますが、
只今、メンバーの一人が療養中のため、出演を辞退させて頂くことになりました。
イベントHP、ポスター、情報誌などには、太鼓演奏と載ってしまっているのでご注意下さいませ。

楽しみにしていて下さった方がいらっしゃいましたら(そんな方がいたらとても嬉しい・・・・)、
本当に申し訳ございません。
またの機会に、万全の体制で演奏をさせて頂きたいと思っております。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

すてきなプレゼント!! ~きのくに ”共育” 実践交流会 出演を終えて~ 

― 「あなたたちの活動は大人にもこんなにたくさんの感動・元気を与えたんだよ…」
と子どもたちにもぜひ、伝えてあげてください。 ―

という言葉を添えて、県教育委員会の担当者の方からイベント参加者から鼓太郎へのたくさんのメッセージが届きました。

高校生たちのコメントも載せたかったのですが、彼らは今ここ佐本にはおらず、しかも学年末試験の真っ最中。
でも、彼らの嬉しそうな、恥ずかしそうな笑顔が目に浮かびます。

どのメッセージも本当に嬉しくてありがたくて、うるうるしながら読ませていただきました。
いくつか抜粋して掲載させていただきます。

・佐本小中学校が地域と一体のとてもあたたかい学校だったということが伝わってきました。
 学校は閉校しても、地域の伝統は伝えていく人たちがいれば、ずっと続いていくと思います。
 これからの活動を応援しています。

・心に響く太鼓でした。ありがとう。
 高校生でこんなに人を感動させられるってすばらしい!

・鼓太郎のみなさん、実は5年前に演奏を拝見したことがありました。
 あのときは演奏だけでしたが、今日、みなさんの母校・地域への思いを聞き、成長された姿にお会いできて
 本当に感動しました。ありがとうございました。

・小学校の運動会の出番で始まった和太鼓が学校が廃校となったあとからも、地域の伝統をなくさないためにもと
 継続され、活動されていることに感動を受けました。
 太鼓の響きは心の深くに響きわたりました。


たくさんのメッセージ、本当にありがとうございます。
鼓太郎の思いが太鼓の響きとともに、みなさんに伝えられたこと、何より嬉しく思っております。
みなさんのあたたかい言葉を胸に、まだまだこれから前進あるのみ!! です。

そして、県教育委員会の担当者さまには出演依頼の段階から本当にお世話になりました。
わたしたちの思いを汲み取っていただき、いろいろとご配慮いただきましたこと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

太鼓をとおして、またひとつすてきな思い出が増えました。そしてすてきな出会いも。


やっぱり舞台は嬉しい!

2月24日(日)、和歌山県教育委員会が取り組みを進めている、「きのくに共育(きょういく)コミュニティ」の交流実践会のオープニングで、演奏をさせて頂きました。
昨年の、嶋本龍事務局主催「2012年 春の和太鼓演奏会」を観に来て下さった県教委の方がご依頼下さいました。
鼓太郎の少年達が佐本を離れてからは、なかなか予定を合わせることが出来ず、5月始めの舞台以来、ほぼ10ヶ月ぶりの舞台となりました。


DSCN1894-1.jpg

同じ舞台に立って、「鼓太郎の音」を響かせることが出来るということが、こんなにも嬉しいことだとは。
確実に大きくなってゆく子ども達。
当たり前のように側にいて、いつも一緒に太鼓を練習する時間が持てた頃とは違う今。
それぞれの場所で、それぞれに出来る精一杯のことをして、そして同じ舞台の上に立つ。
それぞれだった時間を結び合わせるかのように。
一つの曲を打つことで、すーっと一つになってゆける不思議。
一打一打、その瞬間をみんなが本当に大切に思っていることが音を通して伝わってくる・・・・。

後ろから見える彼らの世界は、やっぱりどんどんと広がっていて、その彼らと共に太鼓を打てることが嬉しくてたまらない。
大変なこともあるけれど、出来ることならばずっと一緒に太鼓を打ち続けていきたい。


DSCN1847-1.jpg

「学校・家庭・地域の連携=共育」という趣旨に沿って、小さかった彼らが過ごしてきた佐本での日々をお話させて頂きました。
スクリーンに映し出される数々の写真や、それを前に語る彼らを見ていて、「佐本がこの子達のふるさとで本当によかった」と改めて思いました。
今は、佐本を離れて学生生活を送っているけれど、「こんな山ん中」だからこそ経験することが出来た毎日が、彼らにとって強さの根っこになれば・・・・と。


DSCN1908-1.jpg

この日は、4年前に閉校してしまった、佐本小中学校の校長先生も来て下さっていました。
鼓太郎のみんなが大好きな先生。いつまでも校長先生。
ありがとうございました。


追記。
今回の舞台を依頼して下さった方から、「昨日のステージ…演奏のすばらしさもさることながら、子どもたちのたくましさに心が打たれました。」とのメッセージを頂きました。
こちらこそ、貴重な機会を本当に有難うございました。
わたし達の想いを少しでもお伝えすることが出来たのでしたら、本当に嬉しく思っております。



次回の演奏予定

久しぶりの舞台演奏です!

「きのくに ”共育”実践交流会」のオープニングで演奏します。

日時 25年2月24日(日) 午前10時~
会場 和歌山県立情報交流センター ビッグ・ユー 多目的ホール
   田辺市新庄町3353-9
主催 和歌山県教育委員会、和歌山県

学校と地域、家庭の連携がテーマのイベントです。
どなたでも入場できますので、ぜひ見に来てくださいね。

ほんとうに久しぶりの演奏でちょっとドキドキ、そして
とても気合いが入っております。
メンバーのひとりひとりが、みんなで揃って演奏できることの喜びを、
チームを存続していくのだという思いを胸に力いっぱい演奏します。
今回は演奏の合間にトークも少しあります。

4年前に廃校になってしまった鼓太郎の少年たちの母校、佐本小中学校の思い出話
や和太鼓を始めたきっかけなど・・・ですが、少年たちにおまかせなので
違う話も飛び出すかも・・・?

コンサート終了後のチラシ配り

コンサート終了後、会場のお客様が退場するときに、メンバー募集のチラシを配らせていただきました。

「メンバー募集してま~す!一緒に太鼓やりませんか~」
「龍先生の無料体験講座参加しませんか~」

一緒にコンサートを見に来た女の子も手伝ってくれました。

紀南から来ている方は少なかったかもしれませんが、少しでも誰かとご縁がつながれば、すごく嬉しいです。

体験講座もぜひ参加してくださいね!
龍先生が優しく基礎から教えてくれますよ!

鼓太郎一同、楽しみにお待ちしております。

画像 001_id

裏話
チラシ配りをしていたら、男性の方に「頑張ってくださいね!」と声をかけていただきました。
「ありがとうございます。龍先生の体験講座、参加してみませんか?初めてでも大丈夫ですよ。」とチラシを渡そうとしたら
「わたし、嶋本龍の父親なんです・・・」
「!!  失礼しました・・・笑」

感動のコンサート 暁の空

今日は、鼓太郎の指導者、嶋本龍先生の初コンサート。
鼓太郎はメンバー全員で見に行きました。
12時半に会場に到着。まだほとんど誰も来ていない様子。
駐車場に車を止め、昼食をとっていると、ぼちぼちと
車が入って来ました。
間もなく人が並び始めたのでわたしたちもあわてて列へ並びました。
そしてあっという間に長蛇の列に・・・

そしていよいよ開演。
静まり返った会場に太鼓の澄んだ音が鳴り響きました。

どの演奏もそれぞれ本当に素晴らしかったです。
その中でわたしが一番印象に残ったのは、先生といつかちゃんが
二人で演奏した「風神(うらかん)」でした。
この曲を初めて聴いたのは、4年半ほど前。
鼓太郎が湯浅の疾風打太鼓さんのところへ合同練習へおじゃました時でした。
その後も演奏会などで何度が聴いたことがあります。
でも、二人だけの演奏、しかも横打ちの風神は初めてです。
いつかちゃんが刻む締太鼓のリズム。
龍先生の美しいバチさばき。
ふたつの太鼓の音が重なりあい、からみ合って流れていく。
いつしか風の神がおりなす物語の世界が目の前に広がり、
風の神の存在すら感じられるような演奏でした。

以前に聴いたことのある飛燕や暁もさらに磨きがかかっていて
先生が日々、大変な努力を積み重ねているであろうことが
わかりました。
先生の演奏は、本当につねに進化し続けています。

同じ曲でも打ち手によってまったく別なものになる、
そして、同じ打ち手でも打ち手の進化とともに曲も進化していくのだと
いうことを実感しました。

簗瀬さんの力強い大太鼓の響き、山本智香さんの優しいなめらかな笛の音色。
あっという間の1時間半でした。

最後の演奏曲「空へ」は、昨年まで毎年通い続けた伊勢の太鼓まつりの
フィナーレの曲でした。
このコンサートでこの曲を聴けるとは思っていませんでした。

嬉しくて、楽しくて、胸がいっぱいになる感動のコンサートでした。

出演者の皆様、すばらしい演奏をそしてたくさんの感動をありがとうございました。

そして、わたしたち鼓太郎ももっともっとがんばろうと思いました。
せっかく買った締太鼓も担ぎ桶ももっともっと使いこなさないと
太鼓がかわいそうな気がしました。
もっともっといい音が出るのに、もっともっと楽しいリズムを刻めるのに。
そしてもっともっと人々に感動を与えられるのに!


龍先生と出演者のみなさん

画像 005_id



和太鼓体験講座開催!

鼓太郎の新メンバー募集に伴い、体験講座を行います。
対象は、鼓太郎への入会希望者(高校生以上)ですが、太鼓をやってみたいな~と思いながらも
チャンスがなかった皆さん、お気軽にご参加ください。
参加ご希望の方は、事前にお申し込みくださいね。
なお、当日は鼓太郎を指導してくださっている嶋本龍先生が来てくださいます。
お楽しみに!

日 時        2012年12月23日(日)  午後3時~4時30分
場 所        虚 空  3F    白浜町2998-32
参加費        無 料

申し込み・問合せ   don@kotarou.jpn.org   090-5960-9033  菊地まで

鼓太郎で、新たに会員を募集します!

2013年1月より、鼓太郎は白浜で新たな活動をスタートすることにしました。
現在私たちは、すさみ町の佐本地区で練習をしています。
新たに会員を募っても町内のひとでさえ「佐本まで行くのはちょっとね・・・・」と
いうような山の中です。
そんな訳で、ずっとたった5人での活動を余儀なくされていました。
けれど、少人数の活動には限界があります。
なんとかメンバーを増やしてもっと活動の幅を広げていきたい。
ずっとそういう思いはありました。
でも、なかなか実行に移せないでいました。
この春から進学した2人の少年たちがそれぞれ家を離れ遠方へ行ってしまってから、わたしたちは演奏の依頼がきても、メンバーが揃わず、すべて断らざるを得ませんでした。
舞台で演奏したいという思いがあっても、できない。
練習は続けてはいるけれどこのままで鼓太郎は存続していけるのだろうか・・・・?
このままでは、ダメだ、なんとかしなければ!

そんな訳で、田辺方面でも活動をできるように練習場所を探し始めました。
なかなか条件のあう場所が見つからず、友人たちにも聞いてみたり、いろんな施設を尋ね回ったり。
先生のところへもメールやお電話で何度も相談させてもらいました。
(貴美さん、いろいろありがとうございます!)
相談した方たちはみんな本当に熱心にいろいろな場所を教えてくれたり、アドバイスしてくれたりしました。
そのおかげで、やっと練習場所が見つかりました。
皆様、本当にありがとうございます。
鼓太郎一同心から感謝です。
快く練習場所を貸して下さることを承諾してくださった虚空の内海ご夫妻にも大感謝です。

前置きが長くてスミマセン。
そんなわけで、やっとめでたく会員募集へとこぎつけることができました
みなさん、一緒に和太鼓やりませんか?
一緒に舞台にたちませんか?
上達間違いなし!の月1回の龍先生のレッスンもありますよ~。
基礎練習も充実してるので、初めての方ももちろん大丈夫です。

体験講座も予定していますので、来てくださいね。
詳しくは、 佐本和太鼓グループ★鼓太郎★トップページ   をご覧ください。

待ってま~す!





嶋本龍 和太鼓コンサート2012 「暁の空」

久しぶりに太鼓の話題です。
わたしたち鼓太郎を指導してくださっている嶋本龍先生が初のコンサートを行います。

今年は岡谷太鼓まつりで最優秀賞を受賞するなど、近年活躍が目覚しい龍先生であります。
日本を代表する和太鼓奏者の一人と言っても過言ではないと思います。

昨日はコンサートに友情出演する❍❍❍ちゃんもカフェフォノへ来てくれて、その話題で盛り上がりました。
「絶対いい席を確保して見るぞ~」と今から意気込んでいるわたしです。

遠くは群馬や愛知などからも問いあわせが入っているとか・・・
和太鼓をやっている方は必見!
和太鼓やっていない方もきっと感動のコンサートになることと思います。

20121003_2544737.jpg


『嶋本 龍 和太鼓コンサート2012 暁の空』
12月16日(日) 14時半開演
海南市民交流センターふれあいホール

ゲスト出演 山本智加(篠笛)
友情出演 簗瀬和重(和太鼓)、塩地いつか(和太鼓)

【主催 海南市教育委員会】 

チケット
大人 前売1,500円 当日1,800円
小中学生 前売1,000円 当日1,200円

(注1)未就学のお子さまは 入場をご遠慮ください。
(注2)ご購入後のキャンセル(返金)はできません。

♪お問合せ♪
嶋本 龍 事務局(担当 嶋本たかみ)
0737-62-3626
090-5647-5591
http://locoplace.jp/t000047846/


イブ王国建国二十七周年祭  砂嵐の中での演奏

本日、毎年出演している町内のイベント「イブ王国建国二十七周年祭」で演奏してきました。

朝起きると、お日さまは照っているもののすごい強風。
海はもっと風が強いのでは・・・・?  大丈夫かなあ・・・

ちょっぴり不安な気持ちで会場のすさみ海水浴場へ到着。
駐車場はすでに満車で、たくさんの人・人・人。
中には海パン姿の人たちも。

でも、時折強烈な突風が吹いて砂が容赦無く飛んできます。
ひぇ~~~。勘弁して~~。
舞台袖に運んだ太鼓は一瞬で砂まみれに。
あまりの強風に車にもどって待機していました。

本番になっても風はおさまらず、強風の吹きすさぶ中の演奏となりました。
演奏中も二度ほどすごい突風が吹き、砂塵が飛び交いましたが、なんとか無事演奏を終えることができました。

私達にとっては、このような状況での演奏は初めてのことでした。
あまりいい演奏ではなかっただろうな・・・
こんなこともあるのだと良い経験にはなりましたが。

だけど、こんなお天気の中、応援に来て下さった方たちもたくさんいました。
太鼓が好きで毎年みにきてくれる女の子。
鼓太郎の少年たちの同級生。
そして、3年前に閉校になってしまった少年たちが通っていた佐本小中学校の元校長先生。
この先生はもう先生を退職されているのですが、離れた後もいつもわたしたちの太鼓を応援して下さっています。
わたしたちにとっては永遠に校長先生なのです。
他にも毎年応援に来てくれる友人たち、近所の方たち。
鼓太郎はこんなみなさんに支えられているからこそ続けていくことができるのです。

こんなお天気の中、本当にありがとうございました!感謝!!

DSCN1556-1.jpg

DSCN1586-1.jpg

ーおまけー
後片付けの大変だったこと!
まず、砂まみれの太鼓に掃除機をかけました。特に締太鼓のボルト、太鼓台のキャスターなどの金具には砂が
めりこんでいて大変。
その後、タオルでほこりや塩気を拭きとりました。
でも、キャスターはまだ、ジャリジャリしているなあ・・・。

そんな訳で、今年のイブ王国建国祭も無事?終わりました。



プロフィール

samoto

Author:samoto
和歌山県すさみ町佐本からの
田舎暮らし通信です。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

和歌山県すさみ町佐本
大きな地図はカテゴリーの地図にあります
すさみ町佐本%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.590206,135.650124+(%E3%81%99%E3%81%95%E3%81%BF%E7%94%BA%E4%BD%90%E6%9C%AC)&hl=ja&ie=UTF8&z=6%%33.590206%%135.650124%%6
拡大縮小は+-、 移動は→↑↓←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。