スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南紀はのんき*海の

南紀はのんき008

買い物などで町におりると、海。
山もいいけど、海もいいです。
この時期の海って
きらきらしてる。

海の色も、濃い青のとこと
緑っぽいとこがある。
美しいなーとおもう。

こないだ白浜のスーパーに行ったら
ヒトハメという海藻が売っていた。
初めて見るので、じーっとみていたら
となりのお母さんもじっくりと選んでいる。
これはワカメみたいなのですか?と聞くと
「しゃぶしゃぶにしても美味しいわよー。
さっと湯通しすると、きれいな緑色になってね。
だまされたと思って食べてみて。」と。

家で食べてみると、ほんとに
きれいな色になった。
ゆず酢で食べました。
ヒトハメ。ヒロメとも言うらしい。

海のものはいいですね。
ひじきも、こっちに住んで
よく食べるようになった。

北国に住んでた時は、父が
釣りによく行ってて、家でもさばいたり
カレイを干したりしていた。
子どもの時は、なまぐさいと思ったものだったが…。
大人になってみると、ちゃんと見ておけばよかったなぁと。
カレイの唐揚げ。おいしかったー。
あの、フチのカリカリしたところが。

海じゃないけど、川で
モクズガニというのがいるらしい。
カニかごを、川にかける。
去年は時期を逃して駄目だったが
今年はできたらいいなー。

そういえば、ケンケンカツオまつりが
3月20日にありますよー。カツオ!
(3月18日訂正します。ケンケンカツオまつりは中止となりました)

スポンサーサイト

南紀はのんき*雨が降ったり

南紀はのんきweb007

3月になりました。早い。
一昨日から雨がドッシャリ降っていた。
また寒くなるみたいだけど
うぐいすも鳴いていて。畑の葉ものも
ちょっとみないうちにぐーんと大きくなっている。
油断しているうちに?春がやってくる。

花粉も飛んでいる模様。
杉と同じ水を飲んでいても
やはり鼻水は出ています。相方。

こないだ、近所のおじさん(80代)が
上半身裸で畑をやっていたのに仰天。
たしかに天気のよい日だったけど。
若い!

最近は、縫い物をしたり
たくさん眠ったり…。
一日の中にいろんな場面がある。

天然酵母パン。
ちゃんと焼けるようになりたくて
相談したり、模索したり。
いただいた酵母で、パンを焼く。
これでいいのかな…?と思いながらも
ふくらんだりするのが、たのしい。
きのうは、酵母の瓶から
酵母がはみでていた…。
育ち過ぎたのか。

enoさんのお家からやってきた
「ピーステンピ」という上のせ式のオーブン。
七輪の上にのせて、炭火で。
炭は火がおきるまでは時間がかかるけど
おきたら、その勢いや美しさに
ぼうっとなる。

そういえばこないだ地震があった。
バンと大きな音がした。
家の屋根を大きな人が思い切り叩いたような音。
で、揺れなかった。
どうなんでしょう。

とりとめのない日記でした。
今晩はカレーです。

南紀はのんき*遠からじ

南紀はのんきweb006,jpg

1週間くらい旅に出ていました。
しーんとする感じ、山にくるまれる感じを
想い出して。あぁここはこうだったなぁと。

明日は旧正月で、過ぎると、立春。
今年はまだまだ寒いのかも…という噂でしたが
山のほうをみると、真ん中より上の方が
春~な感じがします。気のせいか?
皮膚のように山が盛り上がってくる気配。
その下の杉も、茶色くて
これから花粉の季節がくるのかなーと。

相方は、町に暮らしてたときは花粉症だったけど
ここでは何となく大丈夫な気がする、と
言ってました。
「杉と同じ水を飲んでいるから」と。
最初は笑ったけど何となくわかる気も。

去年の今頃、はじめてここに来て
どういうところに住みたいの?ときかれ
沢か山の水があって、田んぼが借りられるところと
応えたら、
えっ?そんなとこたくさんあるよーと
言われたので、ビックリしつつも何だか嬉しかった。

前住んでいたところでは、
空家がなかなか見つからなかったので
ここにきて、お水があって、田んぼとお家がかりられて
おくどさんもあって、お野菜を育てられて
ほんとにありがたいなーと思う。

育てた唐辛子で、キムチみたいなのを
つけてみた。見た目はあんまり辛くない。
旅から帰ってきたら、美味しくなっていたけど
もうひとつの白菜漬の方には、カビみたいなものが…。
塩が足りなかった…?愛情が?

高菜漬を美味しく漬けられるようになりたい。
近所の集まりで、高菜漬のおむすびを
作ったことがあって、美味しかったし。
ご近所さんに以前いただいたりも。
漬物上手な方って、憧れる。

そういえば鹿の声、最近しない。
ヨモギの荒れた跡は、霜のせいと判明しました。
昨日は車で走っていたら、
うさぎ1、たぬき1、ねこ2匹に
遭遇しました。

南紀はのんき*石臼

南紀はのんきweb005

昔から、あこがれていた石臼。
こっちに越して来てから、お友達のお家にある石臼を
借りて使わせてもらっています。

はじめて使った時は、沢山、粒を入れ過ぎて
かなり粗めの挽き方になったりして…。
ゆっくり、数粒ずつ入れると細かくなる。
加減が難しい。

昔は石臼で粉をひくのは、雨の日や夜なべの
女性の仕事だったそう。「母親と娘が粉ひきをしていると
村の若い男性が手伝いという名目で遊びに来て
夜がふけるまで手伝うこともありました」と
うかたまという雑誌vol.16に書いてあった。
社交の場だったみたいで。粉ひき歌、もあるそう。
確かに、歌っていると楽しくまわせるかも…。

今日はのんびりしていたので
石臼で挽いてクッキー風なものを
ストーブで焼いてみた。
素朴な感じにできました。

電動の粉挽き器も、友人のお家にあって
さすが!便利。あっというまに挽ける。
時々使わせてもらっています。

のんびりしたい時は石臼。いいですよー。
育てた小麦で、クッキーやパン
焼いてみたいです。

***

それから1月23日に田辺で
くらしの手しごと市」という催しがあるそう。
案内の紙がとても凝っていて可愛い。
行ってみたいなーと思っています。


南紀はのんき*髪

南紀はのんきweb004

相方の髪の毛が伸びてくると
毛刈りタイム。

普段はボーズ頭の相方なので、伸びると
モサッとした感じになる。
手動式のバリカンでジョキジョキと
刈ります。羊の毛を刈るように。

頭の丸みにバリカンをそわせるのが
まだコツみたいなの、わかってないけど
刈ったところに道ができるので
面白い。

一方、自分の髪は伸びており。
先日白髪も発見される。40代は白髪の時代なのか…!?
いたわってあげたいです…。

***

ストーブがあたたかくて嬉しい。
お餅焼いたり、お湯わかしたり。
ごはん炊いたり。火に勢い有る~。
薪を割ったり、煙突掃除などのしごとが
あるけども(相方がやってくれるんだけども)。

ここに暮らして、そういう暮らしのための
準備みたいなものの面白みがあるなぁと。

例えば、ゴマを食べるために
種を用意して、育てて、収穫して、乾かして、
選別して、煎って。とか。
そういうまるごとっぷりが面白いなぁと思う。

ご近所さんからいただいた小豆を、種おろしして
育てて、煮たあんこ。最高でした。
時間が美味しくしてくれるのかな。

昨日、久しぶりに山の下に降りて、町に行ったんだけども
あったかい…!菜の花も咲いてたし
木々もフワーッとした感じで。

lovemomusちゃんが、2月から暖かくなるって
言ってたけど、春がもうすぐくるかと思うと
嬉しいような、あせるような…。

この季節の、ぽんかんは
美味しいですね。

南紀はのんき*餅

南紀はのんきweb003.jpg

お正月の3日。餅まきが地区の会館であるよ~と
いうことで、行ってみました。
ここの区長のお孫さんが今年厄年なので
そのご家族がお餅をまく、とのこと。

普段は違う所に住んでいる息子さんや、その子どもたち。
犬も何匹かいて。会館の前は賑わっていた。20人くらい。
それでも、昔に比べると随分と人が少なくなったと
言っていた。

「今年19になる娘のm(そのお子さんの名前)です。
この子の厄をみんなで拾ってあげてください」
とお父さんが言って、ワーーーッと紅白のお餅やお菓子がまかれた。

餅が顔にビシッと当たったりして、痛い(笑)けど
みんな真剣なのが可笑しくて、でもあっという間に終了。
番号が書かれてあるお餅もいくつかあって
くじ引きみたいに交換できるようになっている。

お酒や小麦粉やキッチンペーパーや酢など
普段の暮らしでよく使うものが景品で。
そのご家族が用意してくれた品物を
みんなニコニコしながら交換してて。

厄をニコニコしながら拾うって
なんといい習慣なのだろうか。

そして、そのくじを用意している
ご家族の様子を想像すると、尚更嬉しく
といったら変だけども、ほっこり気分に。

自分で作った餅ひろい用のエプロンを
着用している姿も可愛らしいのです。
私も作ろう…。

***

そして、日々お餅を食べて過ごしていた。
お餅って食べると眠くなりませんか??
眠くなる作用が餅にはあると思う。

今日でお餅がなくなったので
(鏡もち以外)明日からは
お正月明けのような気分、かも。

そういえば、最近
鹿の鳴く声が聞こえる。近くまで来ているのかも。
洗濯物干し場の横の、ヨモギが生えてるところが
間引きというか、食べられたような跡があったので。

ピーという声が聞こえても眠いので
まだ確認出来ておらず。進展があったら(?)
また書きます。

南紀はのんき*初月

南紀はのんきweb002


雪が降りました。

30日にお餅つきをみんなで。
我が家も一臼つきました。
ついたお餅は、のさずに、棒形にして。
「あぁ、うさぎ型ね」と言われた形。
実際うさぎみたいです。白くてやわらかいお餅。

大晦日はお家に籠り、おせち風を作りました。
黒大豆がほとんど穫れなかったので(10粒ぐらいしか)
黒いんげんを入れました。食べながら
黒大豆が出てくると、当たり!感があります。

お野菜は、今年育てたものなので
ひとり静かに嬉しかったです。

田つくりを作ろうと思って
29日に行ったスーパーにはカタクチイワシは売ってなく
キビナゴが山積みだったので、それを入手。
お惣菜コーナーにも
キビナゴの田つくりがあったので。
この地方はキビナゴなのですか?
どうでしょう。
結局、田つくりにはせず
煎りキビナゴとなりました…。
甘いものばかりになりそうだったから。

そしてラジオで紅白を聴きながら
お飾りの「わらの亀」を作りました。
3時間かかったけど可愛くできた。

大晦日が楽しみのピーク!って感じで
お正月になると、日常な気持ちです。
生まれ育った北海道では大晦日に
ごちそうを食べるので、そのせいかも。

今年もよろしくおねがいします。

南紀はのんき*はじめまして

南紀はのんきweb001


はじめまして。
今年の春に愛知県から引っ越してきた、なりといいます。
(隣にいるのは相方です)
このたび、お仲間にいれていただきました。


去年の12月に「南紀佐本村便り」のブログやHPをみたのが
引っ越したきっかけで。
はじめて和歌山を訪ねたのが今年の2月。
早いです。

ここはとてもよいところ。

暮らしの中で観じたものなどを
書いていこうとおもいます。

上の絵は、今晩のごはん。
やっと新米が口に入りました~。
プロフィール

samoto

Author:samoto
和歌山県すさみ町佐本からの
田舎暮らし通信です。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

和歌山県すさみ町佐本
大きな地図はカテゴリーの地図にあります
すさみ町佐本%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.590206,135.650124+(%E3%81%99%E3%81%95%E3%81%BF%E7%94%BA%E4%BD%90%E6%9C%AC)&hl=ja&ie=UTF8&z=6%%33.590206%%135.650124%%6
拡大縮小は+-、 移動は→↑↓←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。