スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンカンといちごのコンフィチュール

季節のものを瓶詰めにしました。キンカンといちご。とってもきれいな色。どんなデザートつくろうかな。ちょっとワクワクしています。

キンカンといちごの瓶詰め

min
スポンサーサイト

校庭の桜

とうとう誰もいなくなってしまった校庭に咲く満開の桜。この桜の木の下できっとたくさんの親子が新入学の写真を撮ったことだろう。この桜は、何十年もたくさんの子ども達を見守ってきたんだろうな。「今年はどんな新入生が来るのかな?」なんて楽しみにしていたかもしれない。でも、とうとう子どもたちはいなくなってしまった。いつの日かまた、この校庭で子どもたちが賑やかに遊ぶ姿を見れたらいいな。


校庭の桜

min

最後の一ヶ月

画像 005_1


とうとう3月になってしまった・・・・。いつもなら、暖かくなって桜の蕾もふくらんで嬉しい季節。
けれど、今年はとても悲しい。なぜなら、この3月で佐本の学校がなくなってしまうから。
もう、グラウンドを元気に駆け回る子ども達の姿も、子ども達の笑い声で賑やかな校舎も、全部佐本からなくなってしまうんだね。
地元の若い人たちはみんな出て行ってしまい、今学校に通っている子どもはほとんどがよそから越してきたIターンの子ども達。

わたしはよそ者だから、この学校を卒業したわけじゃない。それでも、こんなに愛着があってとても寂しい。地元のお年寄りたちは、きっともっと悲しい気持ちでいることと思う。
そしてこの地で生まれ育ってずっと佐本で暮らしてきた子ども達も。昨年、保育所も休園になってしまって、今度は学校が閉校になる。子どもが少ないから仕方のないこと。
でも、なんだか何かが違う気がしてならない。本当に大切にされなければならないことがどんどん排除され、切り捨てられてしまっているような・・・。

いずれ、この集落も自然消滅して、都市にしか人が住めなくなってしまうんだろうな。都会からわざわざこんなところに引っ越してきて、子どもまで産んで家まで建てて、わたしって世の中に逆行して、しなくてもいい苦労をわざわざしているただのバカかな。

今はただただ、残りの一ヶ月を子ども達に楽しく過ごしてもらいたいと願うだけ。
24日は、佐本小学校最後の卒業式、そして25日はいよいよ閉校式。きっと泣いてしまうんだろうな。


画像 011_1


画像 010_1

min


干し柿づくり

我が家もやっと干し柿を吊しました。
うちの柿は古い木なので小さくて種もいっぱいある柿なのですが、すごくコクのある甘さで美味しいのです。

どんな洋菓子にも優る冬のデザート。

1つ食べただけでも満足できる至福の喜び・・・

画像 303id

min

魔法の板「カプラ」 トイランドヨネクラ店長 米倉氏佐本へ来る!

11月11日、佐本小中学校育友会主催の講演会が田辺の「トイランドヨネクラ」の米倉千景氏を講師に迎えて行われました。おもちゃというものは、五感をやしなえたり、形を感じて知識の中に取り込むものだというお話しのあとに、実際カプラで遊んでみました。想像力を働かせさえすれば、カプラは何にでも変身してくれます。子どもたちだけではなく、先生や保護者もすっかり夢中に・・・。おもちゃって子どもだけのものじゃないんだな。米倉さん、こんな山の中まで来てくれてありがとう!

PICT0218-1.jpg

「自分の背丈よりも高く積んでみよう。」と米倉さんに言われてこんなに高く積み上げました。届かないところは椅子に乗って積み上げていきました。

PICT0211-1.jpg

参加者全員の共同作業で作った大きな壁。はじっこの一枚をはずすとこの壁はドミノ倒しのようにきれいに崩れていき、みんなは歓声をあげていました。そうです!カプラには想像力を働かせてひとりで遊ぶ楽しみ、みんなで一緒に作品を作る楽しみ、そして壊す楽しみもあるのです。米倉さんの話を聞いてカプラで遊んだあと、おもちゃへの認識が少し変わった気がします。


min

最後の運動会

佐本の運動会は、小学生4名、中学生4名と生徒が少ないこともあり、学校と地域の合同運動会です。参加者も小さな子どもからお年寄りまでと幅広い年齢層です。また、ふだんはめったに会わない人とも一緒に楽しく過ごせる1日でもあります。

学校が今年度で廃校になってしまうため、今日は、最後の運動会になりました。小中学生や地域の方たちはもちろん、以前に佐本に住んでいた人たちや、町の学校に転校していった子ども達、卒業生、町長さんや郵便局長さんも参加してくださり、おおいに盛り上がりました。

画像 004id

小中学生と各地域ごとに整列して入場行進です。


画像 007id

徒競走は、生徒が少ないので先生も一緒に走ります。


画像 028id

稲わらを使って縄を編んでいく早さを競う縄ない競争


画像 060id

この日のために子ども達が一生懸命練習してきた「佐本川清流太鼓」。
佐本小中学校の伝統になっていたこの太鼓も今年で見納めです。


画像 076id

みんなの笑いを誘ったパン食い競争。さて、この二人は誰でしょう?
答え  町長さんと町議会議員さんです。


画像 094id

そして、定番の玉入れ。これがなかなか入らない。


画像 097id

そして、最後はみんなで盆踊り。


画像 112id

校長先生の閉会の挨拶。「今年の運動会は、みんなにとって特別な運動会でした。
この運動会は子ども達が大人になっても楽しい想い出としてずっと心に残ることでしょう。」
との言葉に思わず涙ぐむ人も・・・


画像 116id

そして、最後の記念の餅まきで、楽しい運動会は終わりました。



min

夕焼け雲

「おかあさん、夕焼けきれいだよ。」子どもに呼ばれて外に出てみた。
西の空一面に夕日と雲が織りなす美しい空が広がっていた。
雲や太陽、月、海、川、木々や虫たち、自然はときどきわたしたちに素晴らしいプレゼントをしてくれる。

明日は、佐本の最後の運動会。学校が今年度で廃校になってしまうから、来年からもう運動会はない。
明日はきっと晴れ。そしてみんなの想い出に残る楽しい運動会になることでしょう。

画像 298id

画像 300id


min

台風の後に

今年初めて台風がやって来ました。でも、騒がれていた割には、雨も風もたいしたことなく通り過ぎていきました。
よかった、よかった。そして、台風が去ったあとには・・・・・

画像 294_id

こんなにきれいな虹が・・・

画像 296_id

台風のあとの空ってどうしてこんなにきれいなんだろう


min

楽しかった七夕集会

7月3日、佐本小中学校主催の七夕集会が開かれました。
この行事は毎年この時期に行われ、すべて子ども達が企画・運営します。地域のお年寄りたちを招いて一緒にゲームをしたり、歌を歌ったり、そしてみんなで一緒に昼食を食べて楽しい時間を過ごします。

今年は、児童生徒がたった8名しかいないのですが、何十人ものお年寄りが来てくれました。保護者の我々ももちろん参加しました。「お年寄りの方たちに楽しんでもらいたい。」という気持ちで、子ども達はこの日のために昼休みや放課後も委員会や本部役員会を行って一生懸命、準備を進めてきたようです。

児童生徒会長の中学生が「来年は、この学校がもう廃校になってしまうかもしれません。そうしたら、今年の七夕集会が最後になります。」と冒頭の挨拶の中で述べました。「昔は、そこのグラウンドで大勢で野球ができるくらいたくさん子どもがおったのになあ。」ととなりのおじいさんがさびしそうにつぶやきました。学校がなくなてしまうことは仕方がないことだけど、今、通っている子ども達だけではなく、はるか昔にこの学校に通っていたお年寄りの人たちにとっても、とてもさびしいことなんだなあと思いました。

最後に全員で校歌と七夕様を歌いました。「子ども達はこの校歌をあと何回歌えるのかな。」そんな思いが頭をかすめました。でも、笑いの絶えない楽しい半日を過ごすことができました。
佐本小中学校のみんな、楽しい時間をありがとう!

8144-s.jpg

みんなで七夕の願い事のたんざくを飾りました


8156-s.jpg

お年寄りもっはりきったボーリングゲーム


8206-s.jpg

児童生徒全員で音楽発表


min

家族で川下り

今日はとっても良いお天気。
我が家も佐本川の下流にあたる古座川へカヌーで川下りすることにしました。
うちのカヌーは正確には「ファルトボート」と言われる組み立て式のもの。
もう20年以上前に購入したものです。
結婚前にはこのフネで四万十川や釧路川も下りました。

昨年、イベントで野田知佑さんが来たときの川下りでも、「どこのフネ?」とか「なつかし~」などと言われた代物です。

古座川の一枚岩でカヌーを組み立て、出発。 風が強かったせいもあり、小6の下の子は、なかなか思うように進めずちょっと疲れ気味。
それでも、あちこちに咲く藤やツツジの花や新緑に囲まれ、気持ちの良い川下りでありました。
私達にとって川はとても身近なもので、夏には子ども達の楽しい遊泳場にもなるのです。

では、写真で清流「古座川」をお楽しみ下さい。


min

古座川_01

古座川_02

古座川_03
古座川_04
古座川_05
古座川_06
古座川_07
古座川_08

たった一人の卒業生

今日は子どもの通う佐本小学校の卒業式がありました。卒業生はひとり、在校生は4人。小学校の卒業式では毎年、父兄や生徒、先生たちでお餅つきをします。そして、つきたてのお餅をみんなでいただくのです。今日は、この学校の卒業生で春休みで帰省中のRくんも飛び入り参加。子ども達も大喜びでした。
 年々、子どもの数が減り続ける中、1~2年のうちにこの学校も廃校になってしまうようです。
子ども達が元気に走り回る姿をもうすぐ佐本で見られなくなるかと思うと本当にさびしいです。
でも・・・、だからこそ1日1日を、そしてひとつひとつのできごとを大切に心に刻んでいきたいと思います。
Kちゃん、卒業おめでとう!


Pic001_id.jpg



Pic003_id.jpg



                          min

プロフィール

samoto

Author:samoto
和歌山県すさみ町佐本からの
田舎暮らし通信です。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

和歌山県すさみ町佐本
大きな地図はカテゴリーの地図にあります
すさみ町佐本%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.590206,135.650124+(%E3%81%99%E3%81%95%E3%81%BF%E7%94%BA%E4%BD%90%E6%9C%AC)&hl=ja&ie=UTF8&z=6%%33.590206%%135.650124%%6
拡大縮小は+-、 移動は→↑↓←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。