スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまつ


スポンサーサイト

シロオニタケ


南瓜の花

南瓜の花が咲いています。実も多く育っています。西瓜に比べると花の大きさは何倍もあります。雌花に比べて雄花の数は5~10倍くらい多いです。
P6303150.jpg

遠くからでも花が良く見えます。今年のようにウリハムシが少ない年でも南瓜に集まってきます。今、一番畑の中で勢いがあります。

 ふう

西瓜の花

黒西瓜の花が咲き乱れています。
P6303108.jpg

雄花と雌花が咲いて受粉すると実になりますが、今年は雨が多くて受粉しても腐って育ちません。太陽が顔を出してる時間も少ないので、実になったものもなかなか成長しません。
P6303111.jpg

受粉して1週間くらいでピンポン玉くらいの大きさになれば安心です。西瓜に育ってくれます。その時に32日後の日付を書いた棒を立てます。それが西瓜の収穫する日です。
野菜のほとんどは私が育てますが、西瓜だけ夫の仕事です。毎日おおい繁った葉の中からピンポン玉くらいの西瓜を探します。それでも見落とす事があるそうです。丸ごと冷蔵庫で冷やして切った残りを次の日に食べるとぐんと味が落ちて、やっぱり切り立てが一番と思っていたのですが、黒西瓜は違います。切って冷やしておいても次の日は甘味が増します。追熟するようです。それ以来、黒西瓜しか作らなくなりました。今年の初形は7月23日に食べられます。今からワクワクと楽しみにしています。

 ふう

茄子の花

茄子の花が少しずつ咲き始めました。
P6303119.jpg

3月7日に種を播いてやっと初生りが食べられそうです。茄子は花が咲いたら全部実になります。今年の梅雨は冷たい雨で蒸し暑くありません。人間の私にはとっても過ごしやすいですが、夏野菜たちの成長はとてもゆっくりです。暑い夏に食べる冷たくひやした茄子の煮びたしは当分先のようです。

 ふう

ピーマンの花

ピーマンの花が咲き始めています。
P6303129.jpg

今年は黄色いピーマンの種も播いてみました。サラダに黄色いピーマンと緑色の瓜と赤玉ねぎの三色が楽しみです。

 ふう

万願寺とうがらしの花

万願寺とうがらしの花が咲いています。
P6303125.jpg

まだ、少しです。木も小さく、これから暑さが増して来ると育ってきます。万願寺とうがらしはししとうの仲間ですが、花が咲いてから実になるまでにししとうの3倍位の時間がかかります。ゆっくり育った分美味しさが増します。初生りが食べられるのは2~3週間くらい先でしょう。

 ふう

インゲンの実

インゲンが実をつけ出しました。
PICT0178.jpg

3月にいろいろな夏野菜の種と一緒に播いたものです。インゲンは花が総じて実になります。育ち盛りの子どものようにとても元気に蔓を伸ばしていってどんどん実をつけていきます。
やさい畑を眺めながら毎日食事を楽しみます。元気のある野菜はとっても美しいものです。勢いがあるから病気もはねのけます。お日様と雨と風と空気と人間が手を出すところはほんの少し、虫取りが大変で少し頑張るけど虫に負ける時も時々。すご~くたくさんの虫を殺しているから、たまには全部虫に食べられてもね‥。

  ふう

胡瓜の花

胡瓜の花が咲き始めました。
PICT0177.jpg

3月に種を播いて3ヶ月、やっと実をつけ始めました。
雄花と雌花と一緒に咲いて受粉すると胡瓜が育ちます。出来始めの頃は胡瓜が顔を出しても口に入るまでには1週間くらいかかります。夏最盛期の頃には顔を出して2日くらいで大きくなります。
最初の一本が待ち遠しくて初物を食べる嬉しさは格別です。
  
  ふう

じゃが芋の花

じゃが芋の花が咲いています。
P5172893.jpg

紫色の花がアンデスという名前のとても元気なじゃが芋です。
皮は紫色、芋は少し黄味がかっています。
P5172896.jpg

白っぽい花は北あかりという名前のホコホコとしたじゃが芋です。
じゃが芋は茄子科です。少し茄子の花に似ています。花は咲いてもほとんど散ってしまい種は出来ません。種から育てると大きく育たないので、春にじゃが芋を半分切って植えます。半分のじゃが芋が10~20ケに増える訳です。
あと一ヶ月もして木が枯れだしたら掘りあげて食卓にのぼります。
新じゃがの味は格別です。

 ふう

ズッキーニの花

ズッキーニの花が咲き始めました。
3月に茄子や胡瓜やピーマン等夏野菜の種を播いて一番最初に顔を出すのがズッキーニです。
そして、畑に一番最初に定植します。こんな元気なズッキーニなのに雨には弱いです。
これが雌花です。
P5142852.jpg

そして、これが雄花です。
P5142862.jpg

ウリ科で胡瓜と同じように虫さんが雄花の花粉を雌花に受粉させると実はどんどん成長します。
イタリア料理にとても合いますが、味噌汁に入れたり生食したりどんな料理にも合います。
もちろん、ぬか漬けも、とても美味しいです。
どんどん育って毎日食卓を楽しませてくれますが、
そのうち長雨が続くと次から次へと実が出来ても腐っていきます。
今年はいつまで食べさてくれるかな?

   ふう

きぬさやの花

きぬさやの花が咲き始めました。

P4192593.jpg

自家採種のきぬさやです。
食べられる様になるにはまだ2週間位かかりそうです。
今年は2月がすごく寒かったから育ちが遅くなりました。
我が家の野菜はすべてがお天気まかせです。

  ふう

あけびの花

あけびの花が咲き乱れています。

P4152519.jpg

これも引っ越してきた時は電柱にからまって上のほうで実をぶら下げていました。
手の届かない所はあきらめて手の届く所だけとって口に入れ甘みを大いに楽しみました。
前から山であけびを見つけては食べたことがあるのですが、庭のあけびは初めてです。
電柱に絡まってどんどん上に伸びて、そのうち手が届かなくなってしまいそうなので、棚を作って手の届く高さで横に這わせてみました。夏は日陰ができ犬のかっこうの昼寝場所になっています。
ぶら下がっている小さな花があまりにもかわいいので、トイレにも、リビングにも、玄関にもいろいろな所に生けてあります。今、私のお気に入りの生け花になっています。

 ふう


クレソンの花

我が家の池に育っているクレソンの花が咲き始めました。

P4152507.jpg


800m離れた山の谷水をタンクに貯めて使い、タンクより溢れた分を池に流しています。いつもきれいな水が流れている池です。
秋からずっと花が咲き種をつけるまで食卓を楽しませてくれるクレソンです。
お肉の添え物だけのクレソンではありません。
さっと茹でてゴマ和え、おひたしに、さっと炒めて塩コショウで、味噌汁、おすましの具に浮かべて、ラーメンに入れても、もちろん、生でサラダにしても。
少し苦味と辛味がありますが‥。
豆腐と和えてもシャキシャキととてもやさしい歯ごたえと白と緑が目にも美しい物です。

 ふう

花梨の花

花梨の花が咲きました。

P4152517.jpg


7年前に引っ越してきた時は花はまったく咲いていませんでした。
剪定したら3年前にこんなに美しい花を咲かせてくれました。
でも、実は成らず、2年前に3個やっと実をつけてくれました。
今年はピンク色が濃いような気がします。
いつ実をつけてくれるか楽しみです。

ふう
プロフィール

samoto

Author:samoto
和歌山県すさみ町佐本からの
田舎暮らし通信です。

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
FC2カウンター
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

和歌山県すさみ町佐本
大きな地図はカテゴリーの地図にあります
すさみ町佐本%%http://maps.google.co.jp/maps?q=33.590206,135.650124+(%E3%81%99%E3%81%95%E3%81%BF%E7%94%BA%E4%BD%90%E6%9C%AC)&hl=ja&ie=UTF8&z=6%%33.590206%%135.650124%%6
拡大縮小は+-、 移動は→↑↓←
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。